14 October 2016

Les Amis - Singapore




"Flan de champignons"
「セップのフラン」

”Riesling Grand cru"

"Le caviar"
「キャビアのカリソン仕立て」

"Chablis"

"La rouelle de homard bleu"
「オマールのほうれん草包み・アメリケンソース」

"Brouilly"

"La truffle blanche d'alba"
「アンティチョークのキャラメリゼと
パルメザンのムース・白トリュフかけ」

"Meursault"

"Le tourbot de l'ile d'yeu"
「ヒラメのあさりバターソース」

"Chateau Neuf du Pape"


"Le chevreuil de la fore noire"
「鹿のフィレ・ナシと生姜コンフィ添え」

"Granite des herbes"
「ハーブのグラニテ」

"Gewurtzraminer"

"La pomme de petit verger"
「焼きりんごとセイロンアイスクリーム」




My husband took me to Les Amis; one of the top French restaurant in Singapore which gained two michelin star this year for my birthday.  I was contemplating for a while which French restaurant in Singapore I should go for the top French in Singapore between Andre, Odette and Les Amis.

Les Amis existed for many years in Singapore, one of the first French restaurant known here but reputation is fading with new comers recent years.  I was not sure about their style of cooking but I'm not a super fan of contemporary style of French in Asia so I chose this one and it was a right choice.

Their style of cooking was more conservative than I thought, compares to recent French high cuisine style but the taste was sure there.  Everything tasted so good with wonderful marriage of wine paring selections.

I thought the menu and the combinations of ingredients chef used was very classical approach but all the best and the essence of French food.  You might find it bit boring but I really loved it.

「レザミ」ここはロブションなどが世界展開するずっと以前からシンガポールに長くあるフレンチ。私の節目の誕生日に夫が何処でも好きなところを選んでということだったので、Andre、Odetteなどのシンガポールのフレンチトップの中ので迷ったが、ここにした。

思っていたよりクラシカルなお料理だったが、確実に全てが美味しくて大正解だった。最近の流行りのフレンチのスタイルとは違ったひと昔風だが、全てにおいて外しがない。材料の組み合わせ、フレーバー、料理のテクニックとフレンチのエッセンスを掴み取ったような感じ。私はドンピシャの好みだった。

シェフは思ったより若く見えた(40前後?)ので、デコレーションはもう少し流行りを取り入れてもいいように思ったが、泡とかフリーズドライの粉とかなくても味が確実に美味しい方がポイントは高い。ワインペアリングでは、メインの鹿肉とシャトー・ヌフデュパの相性が格別に抜群だった。鹿肉も流行りの低温真空でなく、ジューっとフライパンでソテーしてあったのが、好みだった。

シンガポールの有名なフードブロガーのダニエル氏には酷評されているので、どうかな?と思って行ってみたが、私は大満足。シンガポールは酒税のためにワインがとても高価だが、ワインペアリングのワインは結構たっぷりだった。

No comments:

Post a Comment