29 September 2016

My new Japanese cooking tools

「堺包丁・鎌形薄刃」

「手打ち・矢床鍋」

「有次・おろし金」

Since I went to learn Japanese professional cooking school this summer, I couldn't help adding some Japanese cooking tools to my kitchen ware collections.  I have tremendous amount of French cooking wares already now with Japanese and Chinese cooking tools, I have no space to store..

「日本料理の道具」辻調に行って多くの収穫があったが、中でも良かったのは日本料理の道具の使い方が多少分かったことだ。特に和包丁は全く分からない世界だったので、驚いた。持ち方、姿勢、刃の入れ方、刃の使いどころなどフレンチシェフナイフとは全く異なる。

日本鍋を買い足した理由は、鍋の微妙なカーブだ。フレンチの鍋は日本の鍋よりかなり高価で重厚に出来ているが、鍋が直角で煮物の煮汁の回りが悪いと感じていた。道具馬鹿なので、さらに物が増えて大変だ。

No comments:

Post a Comment